ロゴスIESの特徴

一人ひとりに合わせたカリキュラム

英語専門塾だからこそ出来る、あなただけの”オリジナル”

英語のレベルは人それぞれ、あなたの現状を細かく分析します。英語が嫌いな人、苦手な人、出来るようになりたいけど勉強の仕方がわからない人、単語と文法は覚えたけど読解が出来ない人、英字新聞が読めるようになりたい人、など人によって現状やゴールは全く異なります。ロゴスIESでは、塾長自らが無料体験授業時に生徒の英語のレベルなどを徹底的にチェックします。目標達成のためには、今のあなたの力と目標までの距離を明確にすることが必要不可欠です。目指すゴールから綿密に逆算した、効果的かつ効率的な最短コースで目標達成できるあなただけのオリジナルの学習プログラムを組み立てるところからロゴスIESの授業はスタートします。そして、あなたの習得具合に応じて柔軟にカリキュラムを見直し、目標達成まで導きます。

英語って何をどうやって勉強すればいいのかわからない

英語専門塾の”英語の勉強の仕方”を根本からやってみませんか!

「単語をおぼえても全然英語の得点がとれない。英語はどうやって勉強すればいいのかわからない」そう思っている人は、少なからずいると思います。がむしゃらに暗記して、ネットにのっている読解メソッドをこなしていては、目標達成には間に合いません。英語専門塾ロゴスIESでは、ただ答えを合わせる授業ではなく、根本的な英語の仕組み自体を理解出来るようサポートします。そのため、普段の学校や自習での英語学習で自分はどこの仕組みが理解できていないのかがわかるようになり、自然にそこから自分がどこを勉強していけばいいのか、つまり自分の英語の勉強の仕方がわかるようになるのです。

英語の基礎から教えます

学年年齢に関係なく「できないところ」からはじめます

ロゴスIESでは、学年に関係なくできないところから徹底的にやり直します。中一の範囲を完全に理解し実践できないと、中二の範囲に範囲に進んだ時にほとんどわからなくなります。だからといってがむしゃらに暗記して、ネットにのっている読解メソッドをこなしていては、目標達成には間に合いません。ロゴスIESでは授業と並行して段階式演習(自学と質問)プログラムを組むことが可能です。生徒に合わせて授業で扱う必要があるもの、段階式演習で進めていけるものを見極め、柔軟にカリキュラムを練っていきます。

1回約2時間(115分)のマンツーマンの考える授業

なぜ間違えたかを分析する授業と集中力の強化。問題を解き、丸付けをするところまでが予習です。

そして間違えたところと不安なところのみをその人に合わせてマンツーマンの授業を行い何故間違えたか、どう考えたら、また何を知っていたら正解に到達できたかなど、その人の弱点を最短経路でカバーしていきます。またこの1回の授業時間も特徴の一つです。普通人の集中力は90分とされていますが、その先の時間をいかに使えるかによって人の粘り強い思考力が身に付くと考えています。ロゴスIESの講師はその人の集中が切れた瞬間を見逃さず示唆します。そのことにより普段の生活や他の学習においても意識的に自分の集中モードを把握し、切り替えができるようになります。

わかりやすい授業??を受けたいなら予備校へ

英語専門塾ロゴスIESでは「何故そうなるのか」にこだわり、思考力を鍛えます

もちろん英語の仕組みや理解を助けるためにわかりやすい授業をしますが、それ以上に大切なことは「何故そうなるのか」を説明する力を育てることだと考えています。マンツーマンでのコミュニケーション授業に価値があるのだと思います。そのコミュニケーションが自分の頭の中で繰り広げられるようになると「思考力」が確実に上がると思います。

論理的読解

木を見て、森も見る。

ロゴスIESが大切にしていることは、論理的に英語を読解していくということです。単語や文法をそれなりに勉強した人は、「なんとなくこんなことを言っているのだろう」、「なんとなくこの選択肢が合っている気がする」という風に感覚で長文を読み進めてしまっている人も多いのではないでしょうか。しかし、それでは本文の理解も問いの正解率も良くて5〜6割程までしか至らず、受験で合格最低ラインの7割を越し、確実に受かる8〜9割を狙っていくことは難しいでしょう。ロゴスIESでは、まず英語の仕組み(英文法・語法)を論理的に理解するところから始め、今度はその仕組みを使いながら一文一文を丁寧に訳していき、長文になるとさらに段落の繋がりや接続語、全体の流れ、問いなどから論理的に読解していく授業を行います。

講師は英語専門塾の卒業生

外部からの講師採用を行っていないため在籍定員は全学年で15名限定です。

英語専門塾ロゴスIESの講師は当塾創立当初からの指導歴30年以上の英語主任に加え塾長も含めロゴスIESで学んで大学に進学した元塾生です。つまりロゴスIESの特徴を自ら経験し授業の進め方やカリキュラムを熟知した先輩が講師となります。外部からの採用は一切ありません。ロゴスIESのカリキュラムを受講し受かった経験のある先輩との対話は魅力のひとつとなり、自分の将来を見据えるきっかけにもなります。また講師も対話型授業を通じて未来の講師を育成するくらいのイメージで授業を行います。
(英語の講師は塾長/主任含め5名です)

3時間(175分)の少人数グループ授業(3人~6人)

まずはマンツーマンの個人授業からスタートして、チームで難易度の高い英文解釈や長文にチャレンジします。

初歩英語(中1,2レベル)→基礎英文法(中3,高1レベル)→語法のまとめ(高2レベル)のカリキュラムをクリアした人が少人数グループ授業を受けることができます。このコースは早慶などの難易度が高い英文読解をいろんな角度から分析しながら読む授業になります。同じレベルの生徒がいない場合は個別授業115分となります。英語のルールに不安がある受講生は個別授業からのスタートとなりますので無料体験授業でのレベルチェックでご相談下さい。

慶應SFC専門英語対策(少人数グループ/個別指導)

慶應義塾大学総合政策学部と環境情報学部に過去10年でのべ30人以上の合格者を輩出してまいりました。過去受かっていった先輩がそれぞれの過去問でどの時期にどのくらいの割合の得点を取っていたかのデータをもとに過去問研究や演習を行います。もちろんここでも全文の和訳や解釈をした上で、答えに至る理由まで確認します。

慶應女子高の実力テスト英語対策

内部推薦のための実力テスト対策も基礎から無駄なく積み上げます

教室が港区三田にあるため、毎年慶應女子の実力テスト対策の授業もマンツーマンで行っております。2018年ころまではセンター試験や共通テストレベルの問題出題でしたが近年では難易度が上がってきています。定期テストと違い短期間の勉強での成果が出にくいため早め段階からの受講をお勧めしております。
2020年入学 慶應義塾大学医学部 1名
2019年入学 慶應義塾大学法学部 1名
2014年入学 東京医科大学医学科 1名
         慶應義塾大学経済学部 1名

英字新聞・雑誌記事を読む

英語雑誌や新聞記事などが英語で読める大人になりたい

過去問をやりつくした高卒生や受験前の高校2年生などの希望者が受講できます。大学受験の先を見据えた英語力を手に入れるために英字新聞や英語の雑誌の読解を授業で扱います。一般入試の慶應英語などはここで扱うガーディアンなどからの出典もしばしばあります。受験のためにも、その先のためにも、英文読解力をここまで練り上げることが英語専門塾ロゴスIESの目標の一つです。大学生や社会人のかたのお問い合わせもお待ちしております。

タイトルとURLをコピーしました